P-Tips

今さら聞けない!経理にも活用できるフィンテックの意味とは

mt_fl190803_pc.jpg
mt_fl190803_sp.jpg

既存の金融サービスを革新するフィンテックは、参入しやすいことによりさまざまなサービスが登場しています。今回はフィンテックとの意味、そして必要性や特徴、メリットや事例をご紹介します。

今やITはジャンルに関わらず、さまざまな業種で活用されています。特に金融サービスとITには密接な関係があり、近年ではITを介した新しい技術やサービスが登場しています。これがいわゆる「フィンテック(FinTech)」と呼ばれるものです。

フィンテックは既存の金融サービスを大きく変革する可能性を秘めており、今までは考えられなかったような画期的な金融サービスが登場して話題になっています。しかしフィンテックの詳しい意味について分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は初心者にもわかりやすくフィンテックの意味を解説しながら、その必要性やメリット、事例をご紹介していきます。「フィンテックとは何か知りたい」「フィンテックの導入を検討している」という方はぜひご覧ください。

フィンテックとは?

フィンテックとは「Finance(金融)」と「Technology(技術)」をかけ合わせた造語で、金融とITを組み合わせた技術やサービス全般を指す言葉です。

2008年にリーマンショックが起こり、金融業界に対して不信感を募らせる方が増えました。そのような流れの中、既存の金融業界ではなくベンチャー発であるフィンテックのサービスが続々登場しました。今では金融業界でもフィンテックを活用して、新しいビジネスチャンスを作ろうという動きが広がっています。

フィンテックの必要性

従来の金融取引と言えば、現金経由が当たり前でした。しかしこの流れが、フィンテックにより大きく変化しています。

1つ目はまず、スマホ決済の登場による決済方法の変化です。スマホ決済で現金取引をデジタル経由にすることで、スムーズな決済が可能になりました。また日本を始めとした各国政府はスマホ決済などのフィンテックのシェアが増えるように施策を打っており、日常の買い物などでもスマホ決済が少しずつ浸透しています。

2つ目は「仮想通貨」による資産管理・取引の変化です。デジタルデータでお金を表現した仮想通貨は、「ブロックチェーン」などの仕組みで取引を記録していきます。そして既存の金融機関を通さずに金銭売買を行うため、自由な取引が可能となったのです。
ちなみに仮想通貨の技術は「トレーサビリティ」など他の技術にも応用されており、汎用性が高い分野とも言えます。

これからの時代は「IoT(モノのインターネット化)」がどんどん進み、世の中のあらゆるものがインターネットにつながる時代になります。それに合わせて金融サービスも変革を迫られており、フィンテックの市場が成長しているのは当然とも言えます。
またメリットの多いフィンテックは私たちの生活やビジネスに大きな利便性をもたらし、今やなくてはならないものになっているのです。

フィンテックの3つのメリット

ここからは、フィンテックのメリットを3つご紹介していきます。

・誰でも簡単に使える

・お金や時間のコストの削減にもつながる

・金融サービスが多様化する

誰でも簡単に使える

例えばコンビニで支払いを現金で行う場合、お札・小銭の出し入れが手間になることがありませんか?また、家計簿などをつけている方にとってはレシートを見て手書きで記録をするのも効率が悪く、ミスにもつながります。

しかしスマホ決済なら「ICチップ」や「QRコード」「バーコード」を利用することで、簡単・スムーズな決済が可能になります。また資産運用の分野では「ロボアドバイザー」と呼ばれる「AI(人工知能)」が株取引などを自動化してくれるサービスも登場し、初心者でも金融商品のやり取りができるようになりました。

このようにフィンテックは、誰でも簡単に使えるのが魅力となっています。

お金や時間を効率的に使える

フィンテックでは、取引履歴をすべて電子データとして扱います。いわゆる「ペーパーレス」の状態で取引ができるので、紙ベースの取引と比べてコストが削減できるようになります。

またフィンテックを業務で利用すると、例えば会計で必要なデータを自動入力するなどして業務時間を削減できます。手作業による入力やチェックが減るので、人的エラーも減少し、削減した時間は別の重要な業務などに活用できるようになります。

金融サービスが多様化し、競争でよりよいサービスが登場

フィンテックは、既存の金融機関に対する不信感により広まったと言っても過言ではありません。特に中国など、もともと現金に対して不信感の強い国では、フィンテックが受け入れられやすくなっています。

今では世界各国のITベンチャーを中心に、さまざまなフィンテックサービスが開発されています。その中にはベンチャーでありながら大企業に負けないサービスを提供し、成功している企業も多数存在しています。

またフィンテックとは既存の金融サービスを破壊・革新する力により、新しい市場を創出し、リーディングカンパニーとして成長する企業が出てくる可能性があります。このようにフィンテックを活用することでサービスが多様化し、競争による新しいサービスの登場が進んでいくことが予想されます。

フィンテックの3つの事例

ここからはフィンテックをイメージしやすいように、事例を3つご紹介していきます。

・スマホ決済

・クラウドファンディング

・クラウド会計

フィンテックの代名詞、スマホ決済

フィンテックの代名詞と言えば、クレジットカードやQRコードを使ったスマホ決済です。

リーマンショックなどの金融危機前後に、スマホが登場しました。今ではスマホは1人に1台が当たり前の状況で、スマホはインフラとしても機能するようになりました。そしてスマホの普及に合わせて、スマホ決済も提供され始めました。

スマホ決済では現金を一切使わないので、時間がかからずスムーズなレジでの決済が可能です。また顧客獲得のために各スマホ決済サービスがキャンペーンを実施しており、「決済金額から20%還元!」のようなキャッチコピーを見たことがある方も多いのではないでしょうか。
店舗側でも導入にかかる費用が0円での場合も多く、今までキャッシュレス決済システムを導入していなかった小規模の店舗でも導入が増えてきています。スマホ決済は今後もフィンテックのけん引役となるでしょう。

クラウドファンディング

「クラウドファンディング」はプロジェクトとして商品やサービスなどをインターネット上に掲載し、インターネットユーザーから資金を集めるサービスです。

クラウドファンディングでは通常の寄付・募金だけでなく、企業の商品やサービスに対する投資も行われています。インターネット上でたくさんの資金を集めやすいというメリットがあり、個人や小規模の企業もクラウドファンディングを使って資金を集め、商品やサービスの開発を行っています。

従来企業が自力で資金を集めるのは難しい側面がありましたが、クラウドファンディングの登場により、どんな企業でも商品やサービスに必要な資金を集めたり、融資を募ったりという行為が簡単にできるようになりました。

クラウド会計

日々のお金の流れを管理する経理業務で、電卓や「Excel」などの手作業でデータの入力・管理をしていると、時間や手間がかかるだけでなく、間違いが起こる可能性も高くなります。

クラウド会計では、「クラウドサーバー」と連携することで、さまざまな業務を効率化することができます。例えばクレジットカードを登録し、入出金のデータを自動で帳簿に反映させたり、スマホカメラでレシートを撮影し、データを自動入力するなどの機能が使えます。クラウド会計を使えば日々の経理業務も簡単になり、業務時間の大幅な削減が可能となります。

まとめ

今回はフィンテックとの意味、そしてその必要性や特徴、メリットや事例をご紹介しました。

フィンテックは既存の金融サービスを革新する力があり、参入しやすいとあってさまざまなサービスが登場しました。また日常生活・ビジネスに関わらずフィンテックは活用されており、利便性には計り知れないものがあります。

「まだフィンテックを使ったことがない」という方は、スマホ決済など今すぐ導入・利用できるフィンテックサービスがたくさんありますので、是非ご自身でもフィンテック「FinTech」の利便性を確かめてみてください。​