PCA hyper 会計

グループ企業管理やセグメント管理など、
中堅企業が必要とする機能要件を搭載した
次世代会計管理システムです。

PCA会計hyperの
ポイント

PCA DXシリーズから更に進化した
PCA hyperのポイントをご紹介

  1. POINTグループ企業管理

    子会社を複数有する親会社向けの管理機能です。複数の会社を1つの企業グループとして登録したり、子会社領域を作成したり、親会社から子会社に勘定科目等のマスターをコピーすることができます。親会社から合算領域を作成し、同じグループ企業からの合算データを受け入れることで、「部門別一覧表」で各企業の試算表を横に並べた一覧表を集計したり、「合計残高試算表」で合算金額を確認できます。

  2. POINTセグメント管理

    伝票明細に登録するマスターとして、セグメントマスターを新たに追加しました。合計残高試算表などの集計帳票で集計条件に指定をすることができます。会計期間に従って区分管理するセグメント管理(事業別、地域別等)や会計期間を超えて損益を把握するプロジェクト管理に使用することができます。

  3. POINT取引先マスター

    伝票明細に登録するマスターとして、取引先を追加しました。補助科目とは別に取引先を用意することで、補助科目はお客様が残高管理したい用途(品目や区分など)に応じて自由に使えるようになりました。補助科目はそれぞれの勘定科目に所属する形で登録しますが、取引先マスターはどの勘定科目を取引先管理するかを選択する形となります。科目内訳書では、内訳として補助科目を出力するか取引先を出力するかを設定することができます。手形・電子記録債権期日管理帳票の取引先と支払先、銀行振込依頼書の振込先は、取引先マスターを参照するようになります。取引先マスターの登録では、振込先情報も登録します。

  4. POINTマスタースペックの拡張

    伝票番号の桁数を最大8桁、補助科目コードの桁数を最大16桁に拡張しました。

  5. POINT全銀EDIシステム®(ZEDI®)対応

    総合振込、入出金明細のXML化に対応しています。

    • ※全銀EDIシステム®は一般財団法人全国銀行資金決算ネットワークの登録商標です。

料金

PCA会計hyper
クラウド版の場合

選べる2つのプランがあります。

  • イニシャル“0”
    プラン

    初期費用“0”でご利用出来るプランです。
    ご利用ソフトのライセンス費用とサーバー利用の
    ライセンス費用を月額で支払うプランになります。

  • プリペイド
    プラン

    ご希望の利用期間に応じた費用を
    事前に支払いするプランになります。

イニシャル“0”プラン

初期費用“0”でご利用出来るプランです。
ご利用ソフトのライセンス費用とサーバー利用のライセンス費用を月額で支払うプランになります。

ご利用価格=ソフト利用ライセンス(月額料金)+サーバー利用ライセンス(月額料金)


ご利用価格例

新規に『PCA会計hyper クラウド』を2ユーザーでご利用する場合

初期費用 月額費用
0
ソフト利用ライセンス(PCA会計hyper クラウド) :
6,000
サーバー利用ライセンス(Type2) :
19,000
初期費用合計:
0
月額費用合計:
25,000

価格シミュレーションを使い、実際に利用したいライセンスで価格をご確認いただけます。

プリペイドプラン

ご希望の利用期間に応じた費用を事前に支払いするプランになります。

ご利用価格 = ご希望の利用期間に応じた一括払い 初期費用 ソフト利用ライセンス月額料金 + サーバー利用ライセンス月額料金


ご利用価格例

新規に『PCA会計hyper クラウド』を2ユーザーで12か月間ご利用する場合

初期費用 月額費用
PCA会計hyper クラウド 12ヶ月利用パック:
291,000
  • ※イニシャル“0”プランを12か月間ご利用するより 9,000円お得
0
初期費用合計:
291,000
月額費用合計:
0

価格シミュレーションを使い、実際に利用したいライセンスで価格をご確認いただけます。


ご利用までの流れ

  1. プリペイドプラン各種パッケージご購入
    販売パートナー様にご相談頂き、各種パッケージをご購入ください。
  2. ご利用申込書の記入
    弊社より「PCAクラウド プリペイドパッケージ利用申込書」を送付いたします。すべての内容を記入のうえ、弊社までご返送ください。
  3. 利用通知書ご到着
    弊社より「PCAクラウド利用通知書」を郵送いたします。「PCAクラウド利用通知書」にご利用の際に必要となる「サービスユーザーID」及び「パスワード」が記載されております。
  4. 『PCAクラウド』ダウンロード
    「PCAクラウド 利用通知書」に、『PCAクラウド』のダウンロードサイトURLおよびご利用の際に必要となる「サービスユーザーID」および「パスワード」が記載されております。
  5. セットアップ
    各『PCAクラウド』のプログラムをセットアップします。初回起動時にインストールした各PCにて「PCAクラウド 利用通知書」記載の「サービスユーザーID」および「パスワード」が必要となります。
  6. 利用開始
    以上にて、『PCAクラウド』をご利用開始出来ます。
  • イニシャル“0”
    プラン
  • プリペイド
    プラン

PCA会計hyper
パッケージ版の場合

製品名 製品価格
PCA会計hyper 410,000円~

ご利用用途やご希望の環境により製品の価格は異なります。
詳しい価格のお見積りについてはお問い合わせください。