財務会計ソフト PCA会計DX データ連携オプション

『PCA会計DX』のオプションとして、「仕訳データの受入」処理を自動化!

機能

定期的にフォルダを参照し、そのフォルダにある仕訳テキストファイルを
仕訳データとして自動登録。

外部製品とのデータ連携強化

仕訳データの保存先フォルダと、受入対象の『PCA会計DX』のデータ領域を指定しておくことで、定期的にフォルダを監視して仕訳データを自動登録します。

PCAソリューション製品や外部システムとのデータ連携において、入力・出力などの会計業務を停止せずにバックグラウンドで仕訳データを取り込むことができるので、シームレスな運用を実現します。

データ改ざん・二重入力の防止

人の手を介さずにデータ連携ができるため、データの改ざん及び手作業による二重取り込みなどを防止できます。

なお、データを監視する間隔は1分~99分の間で自由に設定でき、自動的に受け入れたデータのログは保存・参照することができます。

便利な設定補助機能

「仕訳項目レイアウト指定機能」を使用すると、汎用データのレイアウトを指定して受け入れることができます。また、『PCA会計DX』に未登録の補助科目マスターを自動登録する機能も搭載しています。

対応製品

PCA会計DX(スタンドアロン/EasyNetwork/for SQL/with SQL/クラウド)

経理じまんDX

※『データ連携オプション』の運用には、『PCA会計DXシリーズ』『経理じまんDX』がインストールされているシステム環境が必要です。

※本ソフト単独での運用はできません。当該オプション製品をインストールするパソコン1台につきソフト1本が必要となります。

例1)『PCA会計DX システムB』を利用中の場合
『データ連携オプション』を1本ご購入ください。『PCA会計DX』がインストールされているパソコンに『データ連携オプション』をインストールの上、ご利用可能です。

例2)『PCA会計DX with SQL 3CAL』を利用中で、当該オプション製品を2台で利用する場合
『データ連携オプション』を2本ご購入ください。『PCA会計DX』がインストールされているクライアントパソコン3台のうちデータ連携操作を行う2台のパソコンで『データ連携オプション』をインストールの上、ご利用可能です。

製品価格

データ連携オプション
80,000
  • ※ このページに記載されている価格は税抜き表示になります。