新元号対応に伴う『和暦設定展開ツール』のご提供について

新元号対応について PCA Dream21の対応はこちらから

2019年5月1日より、「平成」から新しい元号になります。
2019年4月1日(予定)に新元号が公表され次第、『和暦設定展開ツール』をダウンロード提供いたします。

PCAソフトを使用しているパソコンでダウンロードができない場合は、インターネット環境のある別のパソコンでのダウンロードをお願いいたします。

『和暦設定展開ツール』とは

『和暦設定展開ツール』を実行することにより、新元号に対応することができます。
『和暦設定展開ツール』のインストールや操作方法の詳細は、新元号が公表され次第、サポート&サービス会員様にはPSS会員NEWS号外(FAX・mail配信)にてお知らせいたします。
また、当ページでも情報を更新いたします。

※ネットワーク版・クラウド版をご利用のお客様は、ご利用のすべてのPCにおいて『和暦設定展開ツール』の実行が必要です。

※1台のPCで『和暦設定展開ツール』を一度実行すれば、同じPCにインストールされている複数のPCAソフトに一括で新元号が反映されます。

事前準備
  • 『和暦設定展開ツール』を実行するには、あらかじめ、PCAソフトを下記の「バージョン・リビジョン表」以降にアップデートしておく必要があります。
  • 『和暦設定展開ツール』を実行しない場合でも、下記の「バージョン・リビジョン表」以降にアップデートしておきますと、2019年5月1日以降も「平成31年」として運用が可能です。

    ※アドオンカスタマイズをご利用の場合、また、ソリューション製品など他ソフトと汎用データによる連動処理を行っている場合などは、必ず事前に開発パートナーへ動作確認のうえ、アップデートしてください。

    ※2019年7月9日にMicrosoft社のSQL Server 2008・2008R2のサポートが終了になるため、上位SQL Serverへの切替が必要となります。
    (上位SQL Serverに対応しないPCAソフトをご利用の場合は、最新版へのバージョンアップが必要となります。)

「バージョン・リビジョン表」はこちら
(PDF file 118 KB)

ご使用中のPCAソフトのバージョン確認

PCAソフトを起動してツールバーの[バージョン]ボタンをクリックします。

PCAソフトのアップデート

事前にPCAソフトのデータをバックアップします。

『和暦設定展開ツール』のダウンロードと操作

ダウンロードの詳細をご紹介した動画を作成中です。

※『和暦設定展開ツール』のダウンロードと操作は、5月1日より前に実行しても問題ありません。