P-Tips

【ウェビナー】コロナ渦で企業が強化すべき
メンタルヘルス対策のポイント

企業の人事担当者が知っておくべき正しい従業員ケアを解説します

アメリカの著名な疫学研究者によるとコロナ禍は2024年まで続くと予想される中、様々な不安要因によりメンタル不調を起こす従業員が増加しています。厚生労働省も労働安全衛生法の解釈を変更し産業医面談のオンライン解禁を行い、感染予防の強化を進めています。テレワーク下でメンタル不調を起こす方、テレワークできずに不調になる方など企業にはメンタルヘルス対策の強化が求められています。この環境下で企業が取るべき具体策をお伝えします。


~ウェビナーの受講環境について~
スマホ・タブレット・PCで視聴いただけます。
視聴は「Zoomアプリ」または、「Webブラウザ」からとなります。
 ※「Zoomアプリ」での視聴を推奨します。
【Zoomアプリ】  予めインストールをお願いします。※Zoomは無料アプリです。
【Webブラウザ】Google Chrome、Firefox、Chromium Edgeから視聴いただけます。

概要

日程2021年2月19日(金)
参加費用無料
会場 Webセミナー お手持ちのパソコンにてご参加ください。

セミナー内容

14:00~
14:50
コロナ渦で企業が強化すべきメンタルヘルス対策のポイント講師:株式会社ドリームホップ 代表取締役社長 椋野 俊之 氏
メンタルヘルス対策 最大手の株式会社アドバンテッジリスクマネジメントに入社。経営企画部門にて、新規事業開発(産業医サービス立ち上げ)、予実管理等に従事。株式会社ドリームホップではメンタルヘルス事業をゼロから立ち上げ5年間で1500社以上の法人を開拓。2020年10月よりPCAグループ参画に伴い代表取締役に就任。メンタルヘルス研究の第一人者である川上憲人教授が企画・運営する東京大学大学院医学系研究科精神保健学分野TOMHコースを修了。

アメリカの著名な疫学研究者によるとコロナ禍は2024年まで続くと予想される中、様々な不安要因によりメンタル不調を起こす従業員が増加しています。厚生労働省も労働安全衛生法の解釈を変更し産業医面談のオンライン解禁を行い、感染予防の強化を進めています。テレワーク下でメンタル不調を起こす方、テレワークできずに不調になる方など企業にはメンタルヘルス対策の強化が求められています。この環境下で企業が取るべき具体策をお伝えします。

受講までの流れ

※HPからのお申込み締め切りは、開催日より3営業日前までとさせていただきますので、ご注意ください。
※1つのメールアドレスにつき1名が参加できます
同じメールアドレスで複数名のお申込みは出来かねますので、ご了承ください。

1.「セミナー参加申込」ボタンを選択いただき、必要事項をご記入の上お申込みください。
2.開催日の3営業日前までに、「ピー・シー・エー株式会社」より【※重要※PCAウェビナー受講に関するご案内】というタイトルのメールをお送りします。
当日の受講に必要となる入場用URL等の情報を記載しております。
内容をご確認の上、ご参加をお願いいたします。

お問い合わせ先

ピー・シー・エー株式会社 大阪支店
メールアドレスosaka-info@pca.co.jp

バックオフィスのお役立ち情報!!メールマガジン登録

  • ※ご登録いただいた方は、個人情報の取り扱いについて同意したものとさせていただきます。
個人情報の取り扱いについて

ご入力いただきます <お客様の個人情報> の利用目的は、以下の範囲で使用するものとします。

  1. 製品・サービスに関連する様々な情報提供、物品等の提供。
  2. 製品・サービスに関連するアンケートの実施、個人情報を特定できない形式での統計と分析。
  3. 製品・サービスに関連する各種お問い合わせへの対応。

弊社の個人情報の管理と利用について、詳しくは「個人情報の管理と利用」をご確認ください。
弊社の個人情報に対する取り組みに関して、詳しくは「個人情報保護方針と公表事項」をご確認ください。

閉じる