P-Tips

PCA FES 2019 クラウド&ソリューション~東京会場レポート~

banner_pc.png
banner_sp.png

東京会場の様子をレポート!

2008年から毎年開催されている<PCA FES クラウド&ソリューション>(※以前は<ソリューションカンファレンス>という名称で開催)。業務改善のヒントになる多数のセミナーとソリューション製品展示コーナーを同時に体験できるイベントです。今年は6月7日から7月26日にかけて全国11都市で開催。こちらでは、6月12日「ベルサール東京日本橋」にて開催された様子をレポートします。

受付を済ませてパンフレットを受け取ったら、お目当てのセミナー以外の時間帯は展示ブースへ。セミナーは、6ルームを使って計24本開催。展示ブースとセミナールームは行き来自由なため、自分なりの時間割を組み、複数のセミナーを受けて効率的に会場を回ることが可能です。
会場となったのは、東京のビジネスの中心街・日本橋。地下鉄の駅から直結とアクセスの良い立地での開催となりました。
東京会場には、PCAシリーズをはじめとした全52社が製品を紹介する展示ブースが登場。広々とした展示ブースエリアは、「PCAシリーズ」、「財務会計」、「人事・給与・就業」、「Web-API連携」、「販売・仕入」、「業務基盤・その他」、「業種特化」の全7カテゴリーにわかれていました。各カテゴリー毎にテーマカラーが設定され、一目で何がどこに並んでいるのかがわかる会場構成となっています。
経営者や総務、人事、経理など様々な職務に携わる人々が集まり、会場は熱気に包まれていました。どのセミナーも大人気で、あっという間に前方の席から埋まっていってしまいます。
PCAブースでは、『PCA hyperシリーズ』をはじめとする新製品が並びました。興味を持たれた方々ひとりひとりに、『hyper』Tシャツを着たPCAスタッフが熱心に説明する姿が印象的です。
各ブースには、各会社からその製品に関するプロフェッショナルが集結。製品の導入を検討している人や、既に導入済みの製品のバージョンアップを検討している人まで、具体的な相談をしていく人の姿が数多く見られました。

展示ブースは7つのカテゴリーで計52社が参加、 バラエティー豊かな製品を紹介。

東京会場には、PCAシリーズをはじめとした全52社の製品を紹介する企業ごとの展示ブースが登場。展示は全7カテゴリーに分かれており、各カテゴリー毎にテーマカラーが設定され、多数のブースが並ぶ中でもお目当の場所に行きやすいよう工夫がされています。

PCA株式会社の各種新製品をひとりひとりに紹介する、PCAブース

PCAブースに訪れたのは、経営者や現場担当者、個人事業主など様々なお客様。「これまでにPCA製品を利用していて、アップグレードを検討している」、「PCA製品に興味があるので、一度説明を受けてみたい」など、目的も人それぞれ。日頃セミナーなどでお客様と向き合い、説明をしているスタッフがブースに立ち、ひとりひとりの需要に合わせて新製品をご紹介しました。

PCA hyper
これまで発表されていたPCA DXシリーズから更に進化したPCA hyper。子会社を複数有する親会社向けの管理機能や、伝票明細に登録するマスターとして新たに追加されたセグメントマスター、取引先マスター、またマスタースペックの拡張や総合振込、入出金明細のXML化に対応するなどさらなる機能拡張が目白押しです。
WinActor
人手不足の解決案として登場した、RPAのサービスです。「RPAで何ができるの?」と関心を持つ方々が多く集まりました。WinActorとPCA製品・AI-OCRとの連携デモのほか、PCAオリジナルのサービスについてもご紹介。中小企業の働き方改革をバックアップするブースとなりました。
PCAクラウド
サービス開始から10年以上、12,000法人を超えるお客様に利用されている基幹業務のクラウドサービス。これまでご利用いただいている方に対してのライセンス変更などのサポートや、導入を検討されている方へのご説明などを対応しました。

業務改善のヒントが見つかる、実りの多い出展パートナー様ブース

今回、東京会場にはPCA以外に全51社のブースが登場。「財務会計」、「人事・給与・就業」、「Web-API連携」、「販売・仕入」、「業務基盤・その他」、「業種特化」のカテゴリーでの出展となりました。各ブースでは製品やサービスに実際に触れ、担当者の説明を直に聞くことができます。

財務会計カテゴリ

経理業務を効率化させる様々な業務システムが並びます。電子帳簿に関する製品や、退職金管理に特化した製品、支払債務や振り込みまでの支払処理を一括するものまで、あらゆる事業規模をフォローする製品が揃いました。

人事・給与・就業カテゴリ

給与支払に関する製品や、社員が働く環境を改善する製品など、バリエーション豊富な製品が並びました。「働き方関連法案」が2019年4月に制定されたばかりということもあり、働き方を変えるツールが増えたのも特徴的です。

Web-API連携カテゴリ

ウェブやアプリで利用できるプラットフォームのサービスが年々増えています。様々な業態のユーザーに答えるバリエーション豊かなサービスがフォローされていました。

販売・仕入カテゴリ

このカテゴリーで目を引いたのは、レジシステムの実機が置いてあるブースが多かったこと。実際に触ってみて体験しながら説明を受けることができます。業態などに合わせて、システムを選ぶのに大いに役立つでしょう。

業務基盤・その他カテゴリ

クラウドサービスが定着し、進化を続けている今の時代を表すようなサービスを提供する製品が多く見られました。各社のブースを並べてみていくことで、最新の業務システムの潮流をつかむことができるのではないでしょうか。

業種特化カテゴリ

不動産や運輸業など、あるひとつの業態に特化した製品を扱うブースが並びました。


展示ブースでご興味を持っていただいた方には、今後のセミナーなどのご案内もあり、今回をきっかけに各種製品に出会った方々に、より手厚いサポートがご用意されています。会場内にはよりじっくりとお話をできるよう商談コーナーも設けられ、多くのお客様とお話する様子が見られました。
展示ブース内では、アンケートに回答してくれた方にオリジナル保冷バックがプレゼントされました。日頃のお買い物に活用したり、ランチボックスを入れたり……と使い勝手の良い小さめサイズが好評です!

こうして大盛況のうちに終了した<PCA FES クラウド&ソリューション>東京会場。また来年も、新たな製品がたくさん集まっていることでしょう。様々な製品を一気にチェックし、最新のシステムを知り時代の潮流をつかむこの機会。訪れた方々には、ビジネスをより効率化するヒントを得ていただけたのではないでしょうか。来年も、皆様のご参加をお待ちしております。