「時間外労働等改善助成金」を有効活用

給与・勤務管理システム・タイムレコーダー導入のチャンス!

時間外労働等改善助成金(勤務間インターバルコース)

承認申請は令和元年11⽉15⽇まで労務管理用機器・ソフトウェア・労働能率を増進する設備・機器等の導入・更新にかかる 費用の最⼤75%(上限100万円)が助成されます︕ ※1 ※2

『時間外労働等改善助成金(勤務間インターバルコース)』とは?

「勤務間インターバル」とは、勤務終了後、次の勤務までに一定時間以上の「休息時間」を設けることで、働く方の生活時間や睡眠時間を確保し、健康保持や過重労働の防止を図るものです。このコースでは、勤務間インターバルの導入に取り組む中小企業事業主の皆さまをご支援する制度です。

詳細を開く

時間外労働等改善助成金(職場意識改善コース)

交付申請は令和元年9⽉30⽇まで労務管理用機器・ソフトウェア・労働能率を増進する設備・機器等の導入・更新にかかる 費用の最大75%※(上限100万円)が助成されます!※1 ※3

『時間外労働等改善助成金(職場意識改善コース)』とは?

生産性の向上などを図ることにより、所定外労働の削減や年次有給休暇の取得促進に取組む中小企業事業主の皆さまを支援する助成制度です。

詳細を開く

時間外労働等改善助成金(時間外労働上限設定コース)

承認申請は令和元年11⽉29⽇まで テレワーク環境・労務管理用機器・ソフトウェア・ 労働能率を増進する設備・機器等の導入・更新に かかる費用の最大75%※(上限200万円)が助成されます! ※1 ※2

『時間外労働等改善助成金(時間外労働上限設定コース)』とは?

時間外労働の上限時間を適切に設定し長時間労働を見直すことで、働く方の健康や、ワーク・ライフ・バランスを確保しながら、 生産性を向上させることが可能となります。このコースは、長時間労働の見直しのため、働く時間の縮減に取組む中小企業事業主の皆さまを支援します。

詳細を開く

時間外労働等改善助成金(テレワークコース)

承認申請は令和元年12⽉2⽇まで労務管理用機器・ソフトウェア・労働能率を増進する設備・機器等の導入・更新にかかる 費用の最大75%※(上限150万円)が助成されます! ※1※4

『時間外労働等改善助成金(テレワークコース)』とは?

労働時間等の設定の改善及び仕事と生活の調和の推進のため、在宅またはサテライトオフィスにおいて就業するテレワークに取り組む中小企業事業主を支援する助成金です!

詳細を開く

※1 ※30名以下の企業が⼀定取組みをし、30万円以上となる場合は4/5(80%)

※2 承認処理に1月以上かかる場合もありますので、令和元年10月中旬頃までの申請をお勧めします。

※3 承認処理に1ヶ月以上かかる場合もありますので、令和元年8⽉中旬頃までの申請をお勧めします。

※4 承認処理に1ヶ月以上かかる場合もありますので、令和元年11⽉初旬頃までの申請をお勧めします。

『時間外労働等改善助成金』に関するお問い合わせ

都道府県労働局労働局雇用環境・均等部(室)

URL :http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shozaiannai/roudoukyoku/

※制度予算や適⽤範囲の確認、事業後の定着化確認訪問等ございますので必ず労働局または社労⼠の先⽣とご相談の上、ご検討ください。

『時間外労働等改善助成金(テレワークコース)』に関するお問い合わせ

テレワーク相談センター

電 話:0120-91-6479

URL:https://www.tw-sodan.jp/

※制度予算や適⽤範囲の確認、事業後の定着化確認訪問等ございますので必ず労働局または社労⼠の先⽣とご相談の上、ご検討ください。