Windows 10 Fall Creators Update でPCA製品のセットアップ、アンインストールが失敗する事がある。

Windows10 Fall Cretors Updateで追加された新機能の「コントロールされたフォルダアクセス」を有効にすると PCA製品のセットアップ、PCA製品アンインストールが失敗する事がある。

更新日:平成29年10月31日

公開日:平成29年10月30日

ピー・シー・エー株式会社

【現象】

「コントロールされたフォルダアクセス」は指定したフォルダに対する書き込みを禁止する Windows 10 の新機能です。
これによってデスクトップフォルダへの書き込みが禁止されていると、PCA製品のセットアップがデスクトップ ショートカットの作成に失敗し、インストールがロールバックされます。

また 製品アンインストール時にデスクトップへの書き込みが禁止されているときもアンインストールに失敗します。

【その他現象】

セットアップ以外も「コントロールされたフォルダアクセス」でガードされたフォルダは書き込みができないので、CSV、PDF出力やバックアップなども書き込みがブロックされます。

ガードされるフォルダは以下フォルダとなります。

  • デスクトップ(個人・パブリック)
  • ドキュメント(個人・パブリック)
  • ピクチャ(個人・パブリック)
  • ビデオ(個人・パブリック)
  • ミュージック(個人・パブリック)
  • お気に入り(個人)

現象の出る環境

  • Windows 10 Fall Creators Update(RS3)
  • [Windows Defender セキュリティ センター]-[ウイルスと脅威の防止]-[コントロールされたフォルダー アクセス] が有効。 (デフォルト値: 無効 となっています)

回避方法

方法1.
PCA製品セットアップ中のチェックボックス「デスクトップにショートカットを作成する」をオフにする。

「デスクトップにショートカットを作成する」をオフ

方法2.
「コントロールされたフォルダアクセス」を無効にする。

[Windows Defender セキュリティ センター]-[ウイルスと脅威の防止]-[コントロールされたフォルダーアクセス]を「無効」(オフ)に設定してから、『PCAソフト』のセットアップ、アンインストールを実行します。

「コントロールされたフォルダアクセス」を無効にする 画面1
「コントロールされたフォルダアクセス」を無効にする 画面2
「コントロールされたフォルダアクセス」を無効にする 画面3