PCA医療法人会計DX - 製品の特長

FinTechで「つながる× ひろがる」

「PCA FinTechサービス」は、SBIビジネス・ソリューションズ株式会社が提供するアカウントアグリゲーションサービスである「MoneyLook®」を利用して、金融機関の口座明細を取得し、PCAソフトとのデータ連携が可能になる無償のサービスです。全国の1,300以上の金融機関に対応し、取得した口座明細からPCAソフトのデータを自動で作成できるようになります。これにより、銀行口座やクレジットカードの取引明細に関する仕訳処理の手間が大幅に削減でき、業務効率化が図れます。

提出書類の種類

自動で仕訳を判断

あらかじめ登録した銀行口座やクレジットカード明細を取得します。

一度仕訳を登録すれば、次回以降は同様の明細について自動で仕訳を判断します。仕訳の修正も可能です。

「PCA FinTechサービス」の詳細はこちら

平成29年度医療法人会計基準に対応

平成29年4月2日以降に適用開始の医療法人会計基準(厚生労働省令95号)および従来の病院会計準則のいずれにも対応しています。

また、同時に改正された決算届にも対応しています。最終会計年度の決算額によって医療法人会計基準の対象となるかどうかが決定します。

そのため、『PCA医療法人会計DX』では、期中でも会計基準の適用・適用外を設定しなおすことが可能です。

提出書類の種類

病院会計準則の決算書

医療法人会計基準を適用している場合でも、病院会計準則に沿ったパターンでの試算表の出力が可能です。

附属明細書

医療法人会計基準を適用する医療法人で作成する必要がある附属明細書をExcel出力することができます。

システム連携で「つながる× ひろがる」

『PCA医療法人会計DX』を中心に、多彩なラインナップをご用意しています。

大量の診療報酬データを仕訳に変換して入力する手間がありませんので、カンタンかつ正確に会計処理を行うことができます。

PCA医療法人会計DX システム連携