PCA会計DX - 製品の特長

FinTechで「つながる× ひろがる」

「PCA FinTechサービス」は、SBIビジネス・ソリューションズ株式会社が提供するアカウントアグリゲーションサービスである「MoneyLook®」を利用して、金融機関の口座明細を取得し、PCAソフトとのデータ連携が可能になる無償のサービスです。全国の1,300以上の金融機関に対応し、取得した口座明細からPCAソフトのデータを自動で作成できるようになります。これにより、銀行口座やクレジットカードの取引明細に関する仕訳処理の手間が大幅に削減でき、業務効率化が図れます。

あらかじめ登録した銀行口座やクレジットカード明細を取得します。 一度仕訳を登録すれば、次回以降は同様の明細について自動で仕訳を判断します。仕訳の修正も可能です。

自動で仕訳を判断

より使いやすく進化したPCADXシリーズで快適な業務環境を実現

分析帳票の充実

年次、月次で経営分析の比較をできる帳票を追加しました。

「年次経営分析推移表」では年度毎に指定した期間での経営分析を行うことができます。

月度毎だけでなく四半期毎、半期毎の5期比較が可能です。「月次経営分析推移表」では月度毎、四半期毎、半期毎の経営分析を比較します。

「予算分析表」は予算と実績の比較と期末の予測を出力できます。前年度比較も可能です。

年次経営分析推移表

月次経営分析推移表

予算分析表

前年比較月次推移表

前年と比較できる月次推移表を追加しました。

当年実績、前年実績と差額を一目で確認でき、月次の比率は「構成比」「前年比」から選択できます。

差異の原因を分析することで当期の状況を判断し迅速に対応することができます。

前年比月次推移表

前年比部門別月次推移表

前年比補助科目残高月次推移表

他にもこんな新機能・機能改善が!

  • 伝票の付加情報として拡張項目を入力できるようになりました。
  • 集計金額を「累計・発生」から選択できる帳票で、BS科目は累計でPL科目は発生で集計できるようになりました。
  • よく使う自動仕訳をお気に入りとして登録して、参照ウィンドウで優先的に表示することができるようになりました。
  • 「摘要計算書」「摘要一覧表」で部門指定が可能になりました。
  • 合計残高試算表で補助科目別の金額を展開して出力できるようになりました。
  • 一括承認時に日付範囲指定だけでなく、細かく絞り込むことができるようになりました。
  • 税区分を指定して仕訳を集計後、選択した明細に設定されている税区分を一括で変更できるようになりました
リマインダー機能

DXシリーズではリマインダー機能により、担当者のタスクに応じて、お知らせメッセージが表示されます。

メッセージは自由に入力ができ、表示される日付けや期間も指定可能。重要なタスクに対しての意思決定をサポートし、期限の決まった作業の実施漏れも防ぐことができます。

  • アイコンの点滅とバルーンで新着通知
  • 受信トレイ+スヌーズによる最新のタスク管理
  • 複数人でタスク共有&コミュニケーション機能
  • 業務スケジュールを一覧表示

リマインダー機能

管理仕訳入力の強化

社内利用を目的とした管理会計仕訳の入力が可能です。会計に関する諸法令や帳簿組織にとらわれずに会社経営にとって有効な管理資料を作成できます。

5区分の管理仕訳区分の名称を自由に変更できますので、よりわかりやすく管理が可能です。 内部資料として利用できる帳票で管理区分を絞り込んで出力できますので、部門間の利益付け替えや費用の配賦を管理仕訳として入力し、社内資料を作成することができます。

電子申告

e-Tax形式へのデータ変換、電子署名の付与、申告データの送信、申告データ等の受付結果等の確認まで、e-Taxソフトを使用せずに実施することができます。また、「消費税申告書・付表」を呼び出し、申告データの作成を行うことも可能です。

電子申告

直接送信のメリット

  • ボタン1つで提出できるため提出期限日ぎりぎりまで作成時間を費やせます。
  • 対応ソフトの外部にファイルを作成することがないため、出力後のファイル管理が不要です。
  • 書類・データの持ち運びが不要ですので、提出までの紛失・盗難の心配がありません。
  • e-Taxソフトをダウンロードする必要もないので手間が省けます。