レセコン『PCA Macs Clinic 2』

レセコン『PCA Macs Clinic 2』

PCA Macs Clinic
レセプト電算標準対応

平成22年4月から原則として電子レセプト請求を行うことが義務付けられました。 『PCA Macs Clinic 2』ではレセプト電算ファイルの作成に標準で対応しています。 確認作業は慣れ親しんだレセプトプレビュー画面や点検レセプトなどの紙レセプトのイメージで行うことができます。 請求時に電子レセプト請求やオンライン請求に利用できるレセプト電算ファイルを作成します。

データ連携で経営に生かす

『PCA Macs Clinic 2』で入力した診療報酬データは『PCA医療法人会計』に仕訳データとして転送可能です。 大量の診療報酬データから仕訳をおこして入力する手間はかかりません。 『PCA医療法人会計』は平成16年8月の「病院会計準則」改正、平成19年4月の医療法改正に対応。 補助簿や試算表、決算書の作成が可能なだけでなく、経営分析表や資金繰実績比較表などで、クリニック経営に欠かせない分析もカンタンに行うことができます。

安心のプロフェッショナルサポート

医療機関様の業務を止めない「迅速なサポート体制」「ハードウェア障害対応」等安心で丁寧なサポートにも高い評価を頂いております。

会計ソフトとの連動により経営の見える化を実現

「PCA医療法人会計」と連動させることにより、日次の窓口収益や月次の保険収益から経営状況を目で見ることができ、経営分析に役立ちます。

製品の特長

患者登録

患者登録

患者様の基本情報を一画面で管理できます。また、現在有効な保険・公費の判別がカンタンにできるので、期限切れの保険による会計処理を防ぐことができます。さらに、必要に応じて設定可能な患者区分やコメント入力機能など登録・管理に役立つ機能が充実しています。

会計・請求

診療入力

診療入力

自社開発のレセプトコンピュータ「Macs Clinic 2」(マックスクリニック2)との連動なので、ノンストップで請求書の発行まで操作が可能です。

Macs Clinic 2のみご利用の場合

診療入力で使用する点数マスタは、名称・点数・診療行為区分番号などから検索することができます。処方された薬剤を見ながら病名入力の操作ができることなど、現場の声を取り入れた使いやすい設計となっています。

レセプトプレビュー

レセプトプレビュー

診療入力画面でのレセプトプレビューを表示できるので、紙に出力することなく、時間も手間も省略することができます。

豊富な帳票

使用高集計一覧

診療行為区分別集計表

多くの帳票機能が月次・年次単位での集計に対応しており、長期的に患者様の動向を確認することができます。

使用高集計一覧

特定の点数項目を算定した患者件数を出力します。

診療行為区分別集計表

各診療区分の算定件数の推移が確認できます。

多彩なCSV活用【ビュー参照】

ユーザー様のご要望をもとに作成された抽出条件を、あらかじめ多数登録しています。

これらのデータは、エクセル形式で出力されますので、さまざまなチェックや分析にご活用いただけます。

レセプト時期新患チェック

レセプト時期新患チェック

指定日付以降に新患登録された患者様の保険公費情報を抽出結果から確認することができます。患者情報、保険情報の見直しが容易に行えます。

月末請求書の患者別請求額チェック

月末請求書の患者別請求額チェック

患者登録であらかじめ登録された請求区分ごとに、月々の請求額を把握することができます。

向精神薬多剤投与の対象患者件数チェック

向精神薬多剤投与の対象患者件数チェック

向精神薬多剤投与に関わる状況報告(別紙様式40)について、対象となる患者件数を集計することができます。

※ご利用前に出力条件を確認していただく必要があります。

処方チェック機能(別売)

薬品チェック

処方内容に関して、処方チェック(相互作用・併用禁忌・最大用量)を行います。薬と薬の飲み合わせや最大用量が不適切な場合もチェックが可能です。また、レセプトの病名記載の参考にできる適応病名チェックも可能です。

※ PCA Macs Clinic2と連携するためには、別途レセプトチェックソフトのご購入が必要です。(詳細は、弊社までお問い合わせください)

豊富な薬品チェック

  1. 重複薬(他科・自科)
  2. 処方相互作用、処方不可(絶対禁忌)、禁忌薬剤、併用注意
  3. 治験薬・臨時薬
  4. 投与日数
  5. 投与数量

既存レセコンからのコンバートについて

1レセ電算(UKE)ファイルからのコンバート

レセ電算ファイルに含まれている患者情報を弊社製品へ移行することが可能です。レセ電算ファイルに含まれていないデータは移行されませんのでご注意ください。

2既存レセコンからのデータ出力

既存レセコンからデータを出力していただければ、弊社製品へデータ移行することができます。出力される項目、レイアウトによっては、移行できない場合がございますので事前にご相談ください。

※ 弊社での代行入力については、お受けしておりません。

患者情報 保険・公費情報 病名情報
患者コード 保険者番号 主病・副病
カナ名 被保険者記号・番号 傷病名
漢字名 公費負担者番号・受給者番号 傷病名に付随する補足コメント
性別 傷病開始日
生年月日 転帰区分

PCA医療法人会計と連動

カンタン入力

あらかじめよく利用する仕訳は登録されていますので、取引内容を選択するだけで、正しい仕訳を入力することができます。また、現金出納帳・売上帳など補助簿に記入する感覚で入力できる「帳簿入力」機能も充実。複式簿記に詳しくない方でもお使いいただけます。

経営分析

厚生労働省の病院経営管理指標と同じ項目で分析が可能です。比較基準を自由に設定できますので、目標値や平均値との比較もできます。

Excel出力

各帳票の処理画面上からデータをエクセルシートに自動的に書き込みます。ボタン一つでエクセルの起動、データの表示が可能です。決算書では、決算届の事業設定をして出力することができますので、都道府県提出用のエクセルデータも手間なく作成することができます。

セキュリティも万全

誰が、いつ、どの操作をしたのかを履歴として管理・保存する「履歴(操作ログ)」機能を搭載。また、パスワードの桁数、有効期限が設定可能。間違ったパスワードが複数回入力された場合にそのユーザーをロックすることで“なりすまし”による情報漏えいを防止できます。

[データ連携]オプション

「PCA医療法人会計」と「PCA HyMarks Clinic2 / PCA Macs Clinic 2」との連動は「データ連携オプション(PCA医療法人会計に同梱)」でラクラク連携。

「PCA HyMarks Clinic 2 / PCA Macs Clinic 2」から所定のフォルダーに汎用データを出力することで、「データ連携オプション」が自動的に「PCA医療法人会計」に仕訳を登録します。定期的な確認設定ができますので、データの漏れや重複の心配はありません。

PCAソフト間連動図

メニュー

機能一覧
受付業務
  • 患者登録
  • 患者属性入力
  • 受付入力
  • 受付票発行
  • 前回処方箋発行
  • 付箋入力
会計業務
  • 診療入力
  • 病名入力
  • 入金入力
  • 預り金入力
  • 最終診療日入力
  • 会計カード発行
  • 請求書発行
  • 月末請求書発行
  • 診療明細書発行
  • 支払証明書発行
レセプト業務
  • 返戻保留入力
  • 返戻保留一覧
  • 症状詳記入力
  • レセプトコメント入力
  • 簡易レセプトチェック表
  • レセプト発行
  • レセプト電算ファイル出力
  • レセプトプレビュー
  • 総括表一覧
  • 社保総括表
  • 国保総括表・請求書
  • 地方公費請求書(複写レセプト含む)
  • 労災レセプト
  • 自賠レセプト(労災準拠)
その他
  • PCA会計連動
  • 使用権限マスター登録
  • お知らせ(RSS)
  • マイメニュー
  • ユーザーヘルプ
  • ログビューア―
  • CSV出力
帳票一覧
受付業務
  • 受付票
  • カルテ1号用紙
会計業務
  • 請求書
  • 診療明細書
  • 月末請求書
  • 支払証明書
  • 会計カード
  • カルテ3号用紙
レセプト業務
  • 紙レセプト(医科・労災・自賠責(健保準拠))
  • 社保総括表
  • 国保総括表・請求書
  • 地方公費請求書(複写レセプト含む)
日報・月報・統計
  • 入金日報
  • 未収金・預り金一覧
  • 患者件数日報
  • 点数集計日報・月報
  • 使用高一覧
  • 指定保険対象者一覧
  • 指定項目対象者一覧
  • 指定病名対象者一覧
  • 診療行為区分別集計表
  • 在宅予定一覧
  • 訪問予定一覧
マスター管理
  • 点数マスター一覧
  • セットマスター一覧

システム・対応機器構成

[Macs Clinic 2 構成例] スタンドアロン

【データベースサーバー】
サーバーOS(64bit)※1

Microsoft(R) Windows Server(R) 2016

Microsoft(R) Windows Server(R) 2012 R2

CPU

Intel(R) Xeon(R) 以上を推奨

※または同等の互換プロセッサーを搭載したサーバー

メモリ 3GB以上必要 4GB以上を推奨
ディスクドライブ DVD-ROMドライブ
HD容量 150GB以上(受診患者数、診療内容により変ります) (RAID1以上の構成)
モニター 1024x768~1920x1080ドット ハイカラー以上を推奨(表示サイズ 100%)
その他

バックアップ用装置(外付けHDD若しくはNASドライブ)

無停電電源装置

停電時自動シャットダウンソフトウエア

【クライアント / スタンドアロン】
クライアントOS(64bit)※1

Microsoft(R) Windows 10 Pro

CPU

Intel(R) Core(TM) 2 Duo 2.8GHz以上

※または同等の互換プロセッサー

メモリ 3GB以上必要 4GB以上を推奨
ディスクドライブ DVD-ROMドライブ
HD容量 150GB以上(受診患者数、診療内容により変ります)
モニター 1280x1024~1920x1080ドット ハイカラー以上を推奨(表示サイズ 100%)
その他

Microsoft(R) Office Excel2016 以降が必要。

【その他】
プリンター

上記OSに対応するレーザープリンター

(A5印字可能でありA4以上対応のもの)

保守機器 ルーター
通信速度 (上下実測値)1.5Mbps以上のインターネット接続環境必須(リモートサポートサービスのため)

※通信プロトコルはTCP/IPが必須、フレームワークは.Net Framework3.5以上となります。

※プリンター、スキャナー、タブレット等周辺機器については、上記OSに対応したメーカー様から提供されているドライバーをご使用ください。

※接続する装置・周辺機器は使用するパソコン本体と使用OSに依存しますので使用に際しては注意が必要です。

※必要メモリー・必要ハードディスク容量は、ハードウェア環境・ソフトウェア環境・ネットワーク環境によって異なる場合がありますので注意が必要です。

※インターネットに接続できない環境でのご利用をご希望の場合には、別途お問い合わせください。

※1 Microsoft社のサポート保証期間が終了しているOSについては正常に動作しない可能性がありますので、保証期間の終了していないOSでの運用をお勧めします。

※記載されている対応機器構成は、最小の構成にした場合のものです。その他の構成につきましては、弊社までお問い合わせください。

ご導入について

サポートについて

Copyright(c) PCA Corporation All Rights Reserved.

※Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。

※Windows の正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。

※その他会社名及び製品名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。

※画面表示と印刷帳票のデータ部分は、すべて架空のものです。記載された内容と製品の仕様は改良ため事前の予告なく変更されることがあります。記載内容と実際の製品が異なる場合実際の製品を優先します。

お問合わせ窓口
ピー・シー・エー株式会社 メディカルソリューション事業部
電話番号 03-5437-2730
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:30 月曜日~金曜日(祝日、夏期、年末年始特定休業日を除く)

製品のお問合わせをする

トップへ戻る