セミナー・相談会 - 2月27日 東京 開催

消費税改正がどう影響する?電帳法対応と経費精算処理方法

従業員立替払いの「領収書」等の精算業務で、まだExcelや台紙に証憑を糊付けして、手間のかかる精算をしていませんか?

  • 書類の回収のための郵送代
  • 回収した書類の整理・チェックの手間
  • 領収書の保管場所の確保

など、負担を感じられている担当者様も多いことと思います。

また、2019年、いよいよ消費税10%への改正が実施されます。

初めての軽減税率制度や適格請求書等保存方式への対応、など、新たなことへの対応も迫られてまいります。

それらへの対応を、今まで通りのやり方で進めると負担が増えることは確実です!

本セミナーでは、そんな負担を軽くする方法をご提案いたします。

  • 電帳法への対応
  • 経費精算ワークフローのご提案

いまこそ、紙→目視での手入力→原本保管からの脱却を具体的に検討してみてはいかがでしょうか?

概要

日時

2019年2月27日(水曜日)

参加費用 無料
会場

ピー・シー・エー株式会社 6F 大会議室

住所
東京都千代田区富士見1-2-21 PCAビル [会場地図]
交通
JR「飯田橋駅」西口 徒歩5分
東京メトロ「九段下駅」 徒歩8分

※開催場所には駐車場はございませんので、電車・バス等を御利用下さい。

セミナー内容

13:30~14:20

消費税の「インボイス制度」等から見える電子レシートの保存義務とは

アンテナハウス株式会社 取締役 行政書士 JIIMA法務委員会副委員長 益田 康夫(ますだ やすお) 様

2019年10月に実施される消費税改正により、「適格請求書」「適格簡易請求書」など電子化が促進される予定です。

なお、近年普及しつつある電子レシートも電帳法に従った保存方法をとれば、税務上の証憑として活用できます。

本セクションでは、電子レシートの税務上の取り扱いについての説明と、関連する電子帳簿保存法で押さえるべきポイントを丁寧にご説明します。

14:20~14:50

システム同士の連携で『PCA会計』の運用をもっとスムーズに!

PCA東京支店 インストラクター

『PCA会計DX』は、あとでご紹介する、『MAJOR FLOW』と『ScanSave』と連携して運用することで、日々の負担を軽減した運用が可能になります。

このセクションでは、『MAJOR FLOW』・『ScanSave』と連携した場合の全体運用イメージをご紹介させていただきます。

併せて、PCA製品の消費税改正対応についてもご案内いたします。

15:00~15:30

経費精算の見直しで業務が変わる!「MAJOR FLOW Z」でワークスタイル改革

パナソニック ネットソリューションズ株式会社 戦略企画室 鬼頭 佳成(きとう よしなり) 様

日頃当たり前に行なっている経費精算業務には、実は非効率がたくさん潜んでいます。

「MAJOR FLOW Z」はそんな課題をまとめて解決するビジネスリフォーム機能が満載!

導入事例などを踏まえて課題解決のヒントをご提供致します。

15:30~15:50

「電子レシート」保管も「スキャナ保存」も「ScanSave(スキャンセーブ)」にお任せあれ!

アンテナハウス株式会社 益田 康夫(ますだ やすお)様

e-文書法対応・電子文書保管ソリューション「ScanSave」と「電子帳簿保存法診断パック」で安心導入安心運用をお約束します。

更に「ScanSave」はPCAクラウド会計とWeb-APIによるシームレスなデータ連携も可能です!

お申し込み方法

Webからこのセミナーに申し込む

エントリーシートより必要事項を入力いただき、「お申込み」ボタンをクリックして入力内容の確認画面に進んでください。

エントリーシートに進む

お問合わせ先
ピー・シー・エー株式会社 東京支店 インストラクター
住所 〒102-8171 東京都千代田区富士見1-2-21 PCAビル
電話番号03-5211-2700
FAX番号 03-5211-2745