よく使われる用語集

よく使われる用語集

「ストレスチェック制度」によく使われる用語をまとめました。

ストレスチェックとは
ストレスチェックとは、事業者が労働者に対して行う心理的な負担の程度を把握するための検査をいいます(平成27年12月1日施行)。従業員数50人以上の事業場が対象で、実施の頻度は年1回以上で、標準的な調査票として職業性ストレス簡易調査票(57項目)を推奨し、そのストレスチェックの結果は実施者から直接本人に通知、本人の同意がない限り事業者に提供してはいけないと、厚生労働省のガイドラインで規定されています。
集団分析・組織診断分析とは
個人のストレスチェック結果を一定の集団(部、課など)ごとに集計して、当該集団の特徴や傾向を分析することを指します。
産業医とは
事業場において産業保健活動に従事し、日本医師会が認定する産業医資格を有した医師を指します。
実施者とは
ストレスチェックの実施主体となれる者として「医師、保健師、厚生労働省の定める研修を受けた看護師、精神保健福祉士」であって、実際にストレスチェックを実施する者を指します。
産業保健スタッフとは
労働者の健康管理等の産業保健業務を広く行なう産業医、保健師、看護師、衛生管理者等のことを指します。
共同実施者、実施代表者とは
ストレスチェックの実施者が複数名いる場合の実施者を「共同実施者」といい、この場合の複数名の実施者を代表する者を「実施代表者」といいます。例:自社で契約している産業医が専門外の場合、専門医と産業医が連携して実施者業務を行なう場合などに「実施代行者」と立てることが多いです。
実施事務従事者とは
実施者のほか、実施者の指示により、ストレスチェックの実施の事務(個人の評価票のデータ入力、結果の出力事務、個人の結果の保存(事業者に指名された場合に限定)、面接指導の申し出の勧奨等を含む)に携わる者を指します。
メンタルヘルス推進担当者とは
ストレスチェックを行うための実施者の手配や日程調整、労働者からの相談窓口業務など、ストレスチェックに関する全般的な社内業務に携わる者を指します。一部を実施事務従事者が行なう場合もあります。
高ストレス者とは
ストレスチェックの結果から、実施者が医師による面接指導が必要であると判断した労働者を指します。ここでの注意点は、あくまでも面談であり、診療とは区別をしなければなりません。
EAPとは

EAPとは、Employee Assistance Program の略で社員・職員のための支援プログラムです。国がメンタルヘルス対策を義務化にしたことをうけ、職場でのパフォーマンス向上を意識することで企業の利益につなげることを目的としたEAP機関が近年増加しています。

安全委員会・衛生委員会とは

業種を問わず、常時使用労働者数が50人以上の事業場では、衛生委員会(労働安全衛生法・施行令第九条)を設置しなければなりません。 また、特定の業種の場合、安全委員会(労働安全衛生法・政令第八条)を設置しなければなりません。

  • 導入・製品のご相談はこちら