クラウド、ERP、会計ソフトはPCA。

WindowsUpdateを適用した場合リモートデスクトップ接続でエラーが発生する

WindowsUpdateを適用した場合リモートデスクトップ接続でエラーが発生する

更新日:平成30年5月10日

公開日:平成30年5月10日

ピー・シー・エー株式会社

2018年5月9日に公開された5月月例 WindowsUpdateの更新プログラムにより、セキュリティのレベルが上がり、特定の環境でリモートデスクトップ接続にエラー等の問題が生じる場合があります。

RemoteAppの場合はエラーメッセージがなくアプリケーションが終了します。

発生条件

・クライアントPCで 2018年5月の月例 WindowsUpdate更新プログラムを適用され
サーバーPCでの 2018年3月以降の月例 WindowsUpdate更新が適用されていない場合

詳細情報については、以下のマイクロソフト社の各種サイト情報をご確認ください

エラー内容

詳細原因

2018 年 5 月の更新プログラム適用によるリモート デスクトップ接続への影響
https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2018/05/02/2018-05-rollup-credssp-rdp/

回避方法の一例

解決策としてサーバー側で2018年3月以降のWindowsUpdate更新プログラムの適用が必要となります。

更新プログラムを適用できない場合は、セキュリティリスクが高まるのでご注意ください。

環境設定に関わるサーバーでの対処が必要なのでサーバー管理者、またはサーバー環境を設定された業者様にご相談ください。

トップへ戻る