クラウド、ERP、会計ソフトはPCA。

PCAソリューション - 工事原価管理ソリューション

使える建設原価

工事原価管理ソリューション

建設業

建設業向け仕入販売管理システムのベストセラー

  • PCA会計
  • PCA給与
  • PCA商魂
  • PCA商管
  • PCA人事管理
  • PCA建設業会計
  • PCA Dream21

建設業の一連の処理をシステム化したい

原価管理、実行予算管理などに関する詳細な資料を作成したい

適合業種・業態

  • 建築、土木、総合建設、リフォーム、設備、電気、造園、塗装、防水、内装、サッシ他の工事業
  • 個別受注業種(製造業・製作会社他)
  • 売上高 年8 千万円から150 億円
  • 従業員 2 名から100 名

適合業務

  • 原価管理、実行予算管理、発注管理、仕入管理、請求管理、出面管理、重機管理

サポート体制

  • 保守契約サービス:年間 40,000 円(税抜)〜 サポート種類:電話(フリーダイヤル)、リモートサポート
    導入指導サービス:3 時間× 1 回 50,000 円(税抜)〜 専門インストラクターによる訪問指導

製品の特長

  • 販売管理系のソフトですので、会計が分らない事務担当者や現場担当者でも簡単に操作でき、取引先から届く納品書や請求書、または日報をもとに運用ができます。
  • 最初は事務担当者が1 ヵ月単位で取引先からの請求書で材料費や外注費、労務費は日報から入力して運用して、将来的には現場担当者が日報から日々入力して運用する、といったレベルに合わせた運用ができます。
  • 実行予算から発注、仕入、支払査定、支払予定、支払の流れでも運用できます。
  • 各種問合せ画面からジャンプして簡単にデータの修正ができたり、以前仕入した商品の単価の履歴を見たりすることができます。
  • 重機の管理をする しない。工種の管理をする しない。原価を仕入で計上するか、支払で計上するか。発注外の管理をするかしないか、日報入力した労務費、重機を工事台帳等の原価の資料に連動するかしないか、自社労務費、他社労務費、自社重機、他社重機(リース)をどの経費に計上するか、区分名の変更などお客様の形態に細かく合わせることができます。
  • 実行予算を工種 仕入先 要素で作成でき、金額は工種の一式で作成か工種の中の明細で作成でき、その組み合わせで実行予算書を出力できるので、建築業向け、設備業向け、電気設備業向け、土木業向け、内装業向け等にそれぞれに合わせた奥の深い実行予算管理ができます。これからは実行予算管理が原価管理です。
  • 通常は仕入で原価管理をしますが、設備業やリフォーム業等、工事の件数が多く、金額が少ない場合、仕入がどの工事のものなのかがわからず原価管理ができない場合があります。その場合請求時には請求金額に対して原価を入力できるよう設定して運用することができます。
  • 業務名の変更で、建設業独自の工事 工種 仕入先 請負先 作業者 重機 工期 部門等の業務名を、例えば工事を物件やプロジェクト、工種は分類、請負先は得意先、作業者は社員などに変更して運用できますので、建設業以外の業種でも使用できます。
  • アサクラ独自の書式変更機能で、お客様の変更ニーズの多い工事台帳 納品書 請求書 発注書 支払通知書等の16 帳票の書式を変更することができます。例えば工事台帳の縦列の重機損料の項目や単価の項目を追加したり、工種の項目を削除したりすることができます。請求書などは横書き 縦書き 請負先毎 工事毎 一式 明細 などでいろいろな形式で作成できます。もちろん、表紙は会社のロゴにしたり、字体、文字の大きさも変更でき、印刷のカラーの設定もできます。
運用・導入イメージ

月次で日報、請求書、納品書をもとに入力して運用。日次で日報等をもとに入力して運用。

実行予算から発注、仕入、支払査定、支払予定、支払の流れでも運用できます。

運用・導入イメージ

導入における標準構成
  • 使える建設原価 for PCA スタンドアロン版
  • 導入指導(指導3 回)

製品価格(税抜)

  • 使える建設原価 for PCA スタンドアロン版 400,000 円
  • 使える建設原価 for PCA LAN2 版 700,000 円
  • 使える建設原価 for PCA LAN3 版 960,000 円
  • 使える建設原価 for PCA LAN5 版 1,400,000 円

トップへ戻る