クラウド、ERP、会計ソフトはPCA。

PCAクラウド - サービス概要 - サービスの特長

『PCAクラウド』サービスの特長

PCAクラウドならではのメリットが拡大!!

『PCAクラウド』の場合、アプリケーションサーバー・DBサーバー・ドメインコントローラー・バックアップサーバーなどが不要となり、サーバー導入の初期費用を抑えることが可能です。またサーバーを設置しないので、従来メンテナンスに必要なサーバー管理の手間が省けます。『PCAクラウド』を使用して遠隔地運用を行う場合、通常の環境構成として推奨しているリモートデスクトップサーバーなどの環境構築も不要となり、更なるコスト削減につながります。

PCAクラウドならではのメリットが拡大!!

『『PCAクラウド』は、各種パッケージの緊急時用のスタンドアロン版をご用意しています。ネットワークの切断等、もし何らかの原因でサーバーに接続できない場合は、バックアップデータさえあればローカルにスタンドアロン版をインストールして緊急時運用が可能です。

※緊急時用のスタンドアロン版は、契約しているライセンス数分のPCにインストール可能です。

『PCAクラウド Web-API』『PCA Client-API』によるアドオンカスタマイズ

『PCAクラウド Web-API』は『PCAクラウド』と、他のクラウドサービス等をシームレスに連携させることが可能なサービスです。お客様のニーズに合わせた機能・帳票等のカスタマイズが可能です。

Web-API提供ソフト
  • PCA会計DXクラウド
  • PCA商魂DXクラウド
  • PCA商管DXクラウド
  • PCA給与DXクラウド
  • PCA人事管理DXクラウド
  • PCA固定資産DXクラウド
  • PCA公益法人会計DXクラウド
  • PCA社会福祉法人会計DXクラウド
連携例
  • サイボウズ社『kintone』と『PCAクラウド』を連携し、『kintone』上にPCA商魂DXの売上情報をリアルタイム表示させる。
  • 自社開発した経費精算システムと『PCAクラウド』を連携し、経費関係の仕訳を直接PCA会計DXに登録する。

「PCAクラウド Web-API」無償公開サイト

また、クライアントソフトのアドオンとして、弊社パートナーが『PCA Client-API』により開発した、カスタマイズプログラムが利用できます。

※いずれの連携例も、連携サービス側で『PCAクラウドWeb-API』を利用するようなシステム開発が必要です。

パッケージ版と同等の操作性

『PCAクラウド』では、従来のPCAパッケージ版と同等の操作性を保持しています。

中小企業向け業務パッケージ開発30年で培ったノウハウを搭載した、Windowsフォームならではの操作性は、従来のブラウザ型クラウドと比べて高レスポンスでの操作が可能です。

会計ソフトに求められるセキュリティ面においても、IDとパスワードがあれば操作が可能なブラウザ型クラウドと比べて、専用のクライアントソフトからしかアクセスできないため、高いセキュリティを維持できます。また、現在PCAパッケージ版をお使いのお客様にとっても、一から操作を覚える必要がなく、スムーズな導入が可能です。

「ISAE3402」「SSAE16」「SOC2」を取得

『PCAクラウド』の会計・給与サービスにおいて、受託業務の内部統制について評価する基準、『国際保証業務基準3402(以下、ISAE3402)』と『米国保証業務基準書第16号(以下SSAE16)』(旧SAS70)に準拠した、「Type1報告書」「Type2報告書」さらに「SOC2レポート Type1」を独立監査人より取得しました。希望されるお客様に対して、同報告書を無料で提供いたします。

PCA認定ソリューション製品との連携

従来のPCAパッケージ版と連携可能なPCA認定ソリューション製品について、『PCAクラウド』でも連携が可能です。

※テキストファイルよりの連携可能なPCA認定ソリューション製品のみ可能です。

景気の動向にも柔軟に対応

『PCAクラウド』は利用者や仕事の増大に応じて、柔軟に対応できます。

ソフト利用ライセンス数をカンタンに変更できるため、景気の動向によって柔軟に対応することができます。好景気においては、事業を拡大してもサーバーの買換え不要で、景気後退した場合の事業の縮小にも、その負荷の軽減に応じて経費の節約可能となります。

サーバーの故障に対する万全な備え

サーバーを設置して運用している場合、故障で新たにサーバーを購入する事になれば、復旧までに1日〜数日、代替機が用意済みでも数時間程度必要です。またオンサイト保守に契約している場合でも、半日〜1日程度必要となり、運用に支障が出る可能性が高くなります。

『PCAクラウド』の場合、ほとんどの機材を二重化し、二重化できない機材は予備機を用意し24時間監視しているため、データセンター側で即時復旧いたします。また基幹業務では5分間のシステム停止は致命的と言われるお客様が多い中、『PCAクラウド』は故障時にも1分程度で自動復旧するように設計されています。

環境に優しく、停電・節電対策にも

サーバー不要のため、IT機器の廃棄に関する「IT環境負荷軽減」に貢献。またマルチテナント化により、1社あたりの低消費電力(約28W相当)を実現し、「グリーンIT」に貢献。

(中小企業向けサーバーの消費電力200W〜700W)

トップへ戻る