クラウド、ERP、会計ソフトはPCA。

PCA商魂DX - 製品の特長 - 日常処理

日常処理

売上

A:コメント

「得意先の登録」「商品の登録」で入力したコメントを確認することができます。

コメント

B:直送先

直送先を指定することで、単価・金額などを印字しない直送納品書の発行が可能になります。

C:「eCLIP」で「PCA eDOCX」との連動

『PCA eDOCX』で管理されている文書の関連付けが可能です。データ入力後に実際の注文書などと突き合わせて確認する場合などに便利です。

D:実績参照

取引実績のある商品を参照できます。取引回数、最新の売上日で並び替えが可能ですので、取引の多い商品を入力することができます。

実績参照

E:在庫照会

伝票入力中に、該当製品の在庫状況をリアルタイムで照会できます。これにより、未入荷の製品を出荷指示するなどのミスが防止できるほか、発注時の適正在庫確認や受注時の正確な納期回答が可能になります。

※商管と連動させた場合

在庫数の照会

F:ロットNo.

先入先出をする場合、数量を入力すると一番古いロットを自動で表示します。ロットNo.を手入力することも可能です。ロットNo.入力時と伝票登録時にロットの在庫割れをチェックするので、在庫割れを防止できます。

G:フセン

内容が不明な点や確認が必要な伝票にはメモ機能付き「フセン」が添付できます。実際の伝票にフセンを貼る感覚で、何度でも付け替えが可能。検索条件としても利用できます。

H:明細サイズ

ヘッダー部分を省略して、明細行を増やした画面に切り替えることができます。

I:スポット得意先

得意先コード欄に「0000」を入力することでスポット得意先で伝票を入力することができます。スポット得意先として入力した、会社名・住所などの情報を納品書等に印字することが可能です。

※仕入先、直送先も同様に対応しています。

スポット得意先の登録

J:出荷指示

「受注NO.」を入力した場合、明細ごとに出荷指示をすることができ、ここで出荷できなかったものは「受注残明細表」で確認することができます。

K:伝票NO.2

任意で伝票番号を2つ登録することができます。

L:得意先情報

得意先の売上実績や請求実績、現在時点での未収残高が表示されます。

M:過去10回分の単価の索引

過去10回分の単価データをウィンドウで参照できます。商品単価の修正は得意先別・仕入先別に随時可能です。一度修正された単価は、以降に作成される注文書、納品書、請求書、支払明細書、元帳に自動的に反映されます。また一度入力された商品の得意先別、仕入先別商品単価と商品名も、次回の伝票入力時に適用されます。索引画面から単価を代入することができます。

前回売上単価の参照

N:伝票での単価参照ON/OFF機能

単価マスターごとに、伝票入力時の単価参照に使用するかどうかを選択可能になりました。また、伝票入力時に適用された単価の情報が表示されます。

伝票での単価参照ON/OFF機能

赤伝複写

数量の符号を変換して、伝票を複写します。計算項目で重量項目であればマイナスに変更しないなどの設定が可能です。

対象伝票:売上伝票、仕入伝票、出荷伝票、振替伝票

見積

見積伝票は、受注伝票や売上伝票に連動させることができます。何度でも修正可能で、その都度受注・売上伝票に反映、異なる得意先に対しても有効です。

1伝票当たり最大99明細まで入力可能で、それ以上の場合は合計見積書が利用できます。成約・未成約管理も可能になります。フリーフォーマット機能により、独自の見積書を設計し印刷することも可能です。

見積

受注

煩雑になりがちな商品の一部出荷などに対応できます。未出荷の受注データは明細表出力により、商品・得意先・納期別に受注残管理が可能。

また受注時に在庫状況により引当発注をする場合には、受注伝票の内容を発注データとして『PCA商管DX』に連動させることができます。発注漏れを防ぎ効率のよい業務遂行をバックアップします。受注伝票の入力には、見積伝票からのコピー入力・修正が可能。

フリーフォーマット機能により受注伝票から納品書の発行も可能です。

受注

集計表から帳簿・伝票をスムーズに参照・修正

参照したい画面を即座に表示して、明細データの確認・修正・追加・削除が行える「ズームイン機能」を搭載。
該当項目を指定することにより次から次へと画面を変更することができ、詳細なデータ参照をスピーディに行うことができます。

ズームイン機能対象画面

売上明細表→売上伝票入力

売掛金残高表→得意先元帳→売上伝票入力・入金伝票入力

売掛金残高表

売掛金残高表

得意先元帳

得意先元帳

売上伝票入力・入金伝票入力

売上伝票入力・入金伝票入力

在庫受払帳→売上入力・仕入入力・完成データ入力・出荷入力・仮出荷入力・振替データ入力

伝票の自動作成

同時入荷伝票の作成、引当発注伝票の作成、在庫補充伝票の作成処理で確認画面で作成する伝票を選択することが可能になりました。直送先や摘要なども元の伝票から転記可能です。一度作成した伝票を作成対象外とするかどうかの選択も可能です。

正確・スピーディな請求処理

データ入力した売上・入金の内容がそのまま請求書に反映されます。請求額・繰越金額などを自動集計。請求書は、品名版・伝票版・合計版の3種類に対応。

また、請求書は何度でも発行することができます。さらに請求データを元に「請求一覧表」「回収予定表」「請求残高一覧表」を作成します。

「休日カレンダー」を利用して、休日を考慮した請求日の設定が可能です。

請求書

輸送企業各社の送り状を発行

『PCA商魂DX』は主な輸送企業各社(佐川急便、ヤマト運輸、名鉄こぐま便、西濃カンガルー便、福山通運、ゆうパック)の送り状を作成することができます。また「送り状の種類」のヘルプ機能で、送り状の様式を画面で確認することも可能です。さらに、フリーフォーマット機能で指定の送り状に印刷することもできます(フリーフォーマット機能はシステムA以外の製品に搭載)。

「売上伝票入力」画面から送り状を作成することができますので、納品書と送り状を順番に発行することができます。これにより、より便利に出荷業務を行うことができます。

入金処理も効率的に

入金データ入力に「伝票式」と「一覧式」の2種類を搭載。「伝票式」では、過去の入金状況や未収残高を確認しながらの入力が可能です。

「一覧式」は、入金件数が多く複数の得意先先データをまとめて入力する場合に便利です。状況に応じて使い分けることで、効率良く作業できます。

入金伝票入力(伝票式)

入金伝票入力(一覧式)

入金消し込み機能

入金消し込み機能を搭載しています。これにより面倒な入金消し込みの作業が簡単にできるようになります。「得意先ごとの回収予定表」から回収予定額を自動表示します。また、期間内の売上明細を参照し、一括消し込み、個別消し込みの選択が可能です。また、回収予定額や売上伝票を参照し、入金伝票の作成と同時に消込作業を行うことができます。

未入金売上明細表

『入金消込』処理で行った消込情報を基にして、まだ入金されていない売上/仕入伝票を出力します。入金済みの売上伝票も出力できます。

未入金売上明細表

トップへ戻る