クラウド、ERP、会計ソフトはPCA。

PCA会計DX - 製品の特長 - 監査・セキュリティ

摘要

摘要集計

入力された摘要をキーに科目別・補助科目別に明細書が作成できます。例えば、入力時にプロジェクト名や担当者名を入力しておけば、プロジェクト・担当者ごとに明細書の作成ができます。

また、摘要計算書・摘要一覧表の作成も可能です。摘要一覧表では、摘要のパターンが登録可能です。

監査

消費税額変更リスト

自動計算された消費税額が手動で変更された伝票と消費税額が手入力された伝票を検索して確認することができます。

また、自動計算された消費税額と手動で変更された消費税額との差額範囲を指定して検索することができます。

伝票番号チェックリスト

各月で使用されている番号とその内で重複している番号、欠番をチェックし表示します。月別自動付番、部門別自動付番、手入力の場合に使用できます。

また、「基本情報の登録」で重複伝票番号を“許可しない”に設定しておくことで、番号の重複を防ぐことができます。

繰越残高検証処理

前年の期末残高と当年の期首残高が一致しているかを調査します。

また、当年操作履歴から、期末繰越後に「勘定科目の期首残高」「部門別の期首残高」「補助科目の期首残高」に変更があったかどうかを調査します。

セキュリティ

ユーザー管理

ユーザーごとにロックする科目、部門を設定できます。参照ができても入力できない科目、部門の設定も可能です。

また、仕訳の修正・削除、承認、締切に関しても権限の有無を設定できます。処理レベルを使用すれば、処理ごとに「起動」「実行」「登録」「印刷」などの操作が実行可能かどうかを設定することができます。

ユーザー管理

操作ログ管理

ユーザーID、処理名、処理内容、コンピューター名を履歴として管理する機能です。

パスワードの変更や、期首残高の変更など内部監査上重要となる項目を確認することができます。絞り込みの検索も可能です。また、ファイルに出力して保存することができます。

操作ログ管理

その他機能

銀行振込処理

会計データからカンタンな操作で銀行振込依頼書や振込データが作成でき、代金支払事務の煩わしさを解消します。

買掛金や未払金の代金支払用に締日、支払日ごとの集計をし、『PCA電子通帳V.2』用の振込データが作成できます。振込銀行の設定も搭載している銀行辞書を使用してカンタンに行うことができます。

銀行振込依頼書

汎用データの受入・作成

前準備で登録したマスターや仕訳など汎用データ(テキストデータ)を作成することができます。

『PCA会計』同士で作成・受入を実行したり、他システムで受け入れたりすることができます。また、指定した形式と合致する汎用データを受け入れることができます。受入可能なデータは、仕訳、前準備の各マスター、予算です。汎用データの各項目を『PCA会計DX』のどの項目に割り当てるか受入時に指定することができますので、項目の有無(一部必須項目あり)や順番について多様なデータの受入が可能です。

銀行振込依頼書

達人シリーズ連動データの作成

株式会社NTTデータの『達人シリーズ』(法人税、内訳概況書、消費税)で受け入れることのできる汎用データを作成することができます。作成する前に勘定科目の関連付け設定が必要です。

データ連携オプション

データ連携オプションを使用することで『PCA会計DX』と他ソフトとの連携は飛躍的に向上します。

『PCA会計DX』の仕訳データ形式の汎用データを所定のフォルダに保存しておくと、定期的に読み込んで、自動的に登録することができます。他ソフトで作成した汎用データは必須項目を指定する(※)ことで受入が可能です。また、『PCA会計DX』に未登録の補助科目を自動登録する機能を搭載しています。

※ 汎用データ上に必須項目が不足している場合は、レイアウトの加工が必要になります。

概要図

トップへ戻る