PCA会計DX

クラウド、ERP、会計ソフトはPCA。

PCA会計DX - 製品の特長 - 分析<システムB>

分析<システムAではご利用いただけません>

損益分岐点計算書

損益分岐点計算書がさらに進化し、使いやすくなりました。

比較対象として、前年金額、当年金額、予算1〜30、シミュレーションから選択できますので、例えば来年度予算を作成する時には、当年金額と予算1の比較を行ったり、新製品の価格決定の資料として、前年金額とシミュレーション金額を比較したりと経営の意思決定の場面でさまざまに活用できます。損益分岐点図表には、必要な情報がすべて盛り込まれて出力されますので、現状と目標の差異が一目でわかり管理会計に詳しくない方でも資料を有効活用していただけます。

損益分岐点計算書

損益分岐点計算書

月次推移表

「貸借対照表」「損益計算書」「当期製造原価」形式で月ごと推移を表示・印刷します。四半期ごとの集計も可能です。推移を見たい科目を選択して、グラフもボタン一つで作成可能。変化を視覚的に捉えることができます。

月次推移表

補助科目残高月次推移表

補助科目別で月次推移を一目で把握することができます。月次推移表、補助科目残高一覧表と合わせて利用することで、より詳細な情報をスピーディに把握することができます。四半期集計、過年度の集計も可能です。

補助科目残高月次推移表

比較財務諸表

当年、前年、前々年、3年前、4年前の5期を対比した財務諸表を出力します。月ごとの発生金額または累計金額で集計でき、構成比と増減比をそれぞれ表示することができます。

比較財務諸表

補助科目ABC分析

補助科目の金額を集計し、ABCでランク付けします。残高金額、貸方金額、借方金額での集計が可能です。また、累計金額と累計構成比の確認もできます。

補助科目ABC分析

勘定分析表

任意の期間の仕訳データを特定の勘定科目の相手科目ごとに集計します。貸借の発生金額と差異を表示するため科目の動きが把握できます。

勘定分析表

経営分析表

目標値(標準比率)を入力し「収益性・活動性」「安全性」「生産性」「成長性」の4点から実績と対比し出力します。経営分析計算項目に含める科目・項目を選択できます。また、目標値を設定し、目標指数・前年指数との比較を簡単に行うことができます。

経営分析表

取引先別総合収支明細書

補助科目ごとに勘定科目を集計します。取引先との取引状況を的確に把握する資料となります。

取引先別総合収支明細書

トップへ戻る