クラウド、ERP、会計ソフトはPCA。

PCA法定調書X - 製品の特長

「PCA法定調書X」5つのポイント

クラウド対応
インターネット経由による利用が可能。複数のクライアントで使用する場合もサーバー不要。
わかりやすい入力画面
帳票出力イメージに合わせた入力画面。入力ガイド付きで「どこに」「何が」入力されるか一目瞭然。
『PCA会計X』連動
『PCA会計X』で作成した支払データを元に報酬等の支払調書を作成。
『PCA給与X』連動
『PCA給与X』とシームレス連動が可能。社員の登録は給与で行い、『PCA法定調書X』に連動。
多くの支払調書対応
退職所得の源泉徴収票、報酬等の支払調書、不動産等の支払調書、利子等の支払調書など対応帳票が充実。

専用ソフトを使用せず、電子申告を実現

※電子申告機能は2016年12月リリース予定 (平成28年申告分〜)

国税電子申告に対応

電子申告メニューからe-Tax形式へのデータ変換、電子申告の付与、申告データの送信、送信データの受付結果等の確認まで、e-Taxソフトを使用せずに実現することができます。

※電子申告機能を利用する場合には、事前準備が必要です(開始届出書の提出・インターネット環境・電子証明書の取得・ICカードリーダー等の取得/設定・利用者識別番号の受領・ルート証明書プログラムのインストール)

電子申告

対象手続き

  • 給与所得の源泉徴収票等の法定調書(及び合計表)
  • 配当、剰余金の分配及び基金利息の支払調書(及び同合計表)
  • 利子等の支払調書(及び同合計表)
  • 非居住者等に支払われる給与、報酬、年金及び賞金の支払調書(及び同合計表)
  • 税務代理権限証書
地方税電子申告に対応

平成22年4月1日以後開始事業年度より適用の資産除去債務に対応。

資産除去債務分を資産本体とは別立てで管理し、台帳・一覧や仕訳作成では資産除去債務分を考慮した金額を出力します。

構成図

電子申告

トップへ戻る