クラウド、ERP、会計ソフトはPCA。

PCA会計DX データ連携オプション

PCA会計DX データ連携オプション

『PCA会計DX データ連携オプション』は、『PCA会計DX』の「仕訳データの受入」処理を自動化するオプション製品です。

あらかじめ、他システムで作成された仕訳テキストファイルが保存されているフォルダと受入対象の『PCA会計DX』のデータ領域を選択しておくことで、定期的にフォルダを参照し、そのフォルダにある仕訳テキストファイルを仕訳データとして自動登録します。

製品の特長

外部製品とのデータ連携強化

仕訳データの保存先フォルダと、受入対象の『PCA会計DX』のデータ領域を指定しておくことで、定期的にフォルダを監視して仕訳データを自動登録します。

PCAソリューション製品や外部システムとのデータ連携において、入力・出力などの会計業務を停止せずにバックグラウンドで仕訳データを取り込むことができるので、シームレスな運用を実現します。

データ改ざん・二重入力の防止

人の手を介さずにデータ連携ができるため、データの改ざん及び手作業による二重取り込みなどを防止できます。

なお、データを監視する間隔は1分〜99分の間で自由に設定でき、自動的に受け入れたデータのログは保存・参照することができます。

便利な設定補助機能

「仕訳項目レイアウト指定機能」を使用すると、汎用データのレイアウトを指定して受け入れることができます。また、『PCA会計DX』に未登録の補助科目マスターを自動登録する機能も搭載しています。

連動製品

PCA会計DX(スタンドアロン/EasyNetwork/for SQL/with SQL/クラウド)

経理じまんDX

ご注意

  • 『データ連携オプション』の運用には、『PCA会計DXシリーズ』『経理じまんDX』がインストールされているシステム環境が必要です。本ソフト単独での運用はできません。
  • 当該オプション製品をインストールするパソコン1台につきソフト1本が必要となります。
例1)『PCA会計DX システムB』を利用中の場合

『データ連携オプション』を1本ご購入ください。

『PCA会計DX』がインストールされているパソコンに『データ連携オプション』をインストールの上、ご利用可能です。

例2)『PCA会計DX with SQL 3CAL』を利用中で、当該オプション製品を2台で利用する場合

『データ連携オプション』を2本ご購入ください。

『PCA会計DX』がインストールされているクライアントパソコン3台のうちデータ連携操作を行う2台のパソコンで『データ連携オプション』をインストールの上、ご利用可能です。

製品価格 PCA SUPPORT SERVICE会員料金(年額)

<表示価格は税抜価格です。>

製品名製品価格PSS
会員料金
年額
PSS
会員料金
年額
(メディア
送付無し)
PCA会計DX データ連携オプション\80,000\28,000\18,000

※製品価格には「PSS会員料金」は含まれておりません。

※価格については、「消費税転嫁対策特別措置法」の成立に伴い、平成25年10月1日より外税(税抜)表記にしております。

※接続する装置・周辺機器は使用するパソコン本体と使用するOSに依存しますので使用に際しては注意が必要です。

※必要メモリ・必要ハードディスク容量は、ハードウェア環境・ソフトウェア環境・ネットワーク環境によって異なる場合がありますので注意が必要です。

※このソフトウェア製品は、購入されたお客様自身がインストール・操作する事を前提に販売されております。販売・指導会社等に、ソフトウェア製品のインストール、サポート、導入指導、入力代行、ネットワークの構築などをご依頼される場合には、別途費用がかかります。

Copyright (C) 2017 PCA CORPORATION All Rights Reserved.

※PCAは、ピー・シー・エー株式会社の登録商標です。

※Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。

※Windows の正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。

※その他会社名及び製品名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。

※画面表示と印刷帳票のデータ部分は、すべて架空のものです。記載された内容と製品の仕様は改良ため事前の予告なく変更されることがあります。記載内容と実際の製品が異なる場合実際の製品を優先します。

トップへ戻る