クラウド、ERP、会計ソフトはPCA。

PCAクラウド スマートデバイスオプション - 商魂モジュール

PCAクラウド スマートデバイスオプション 商魂Xモジュール

経営層向け機能当月当日売上状況

得意先区分(1-5)または商品区分(1-5)での集計が可能

得意先区分(1-5)または商品区分(1-5)での集計が可能です。

また、集計基準日を変更することで、その時点での売上を確認することも可能です。

明細部分を選択することで、ドリルダウン可能

明細部分を選択することで、ドリルダウンすることが可能です。得意先区分の場合には得意先を、商品区分の場合には商品へ展開します。

明細部分を選択すると、伝票単位へ展開

さらに明細部分を選択すると、伝票単位へ展開します。この画面では、各商品の販売単価まで確認することが可能です。

現場営業向け機能得意先照会

得意先コード/名称/住所/TEL/得意先区分(1-5)での検索が可能

得意先コード/名称/住所/TEL/得意先区分(1-5)での検索が可能です。

文字列の一部で絞り込み検索も可能

さらに文字列の一部で絞り込んでの検索も可能です。

未回収残高の確認も可能

この画面から電話(3Gのみ)やメール作成が可能です。また、未回収残高の確認も可能です。

GoogleMapに連携し、地図を表示することも可能

GoogleMapに連携し、地図を表示することも可能です。

得意先マスターコメント入力

得意先マスターコメント入力

入力したコメントを得意先マスタへ反映。電話・メール・住所などを自動識別し、iOS連携可能です。

得意先別商品売上実績

得意先マスタより売上実績を最大1年間さかのぼっての照会が可能です。

集計期間は「1か月」「3か月」「6か月」「1年」と指定できます。

得意先マスタより売上実績を最大1年間さかのぼっての照会が可能です。

集計期間は「1か月」「3か月」「6か月」「1年」と指定できます。

得意先別単価

得意先照会より商品を指定することで、売価・前回単価・キャンペーン単価などをわかりやすくカラフルに表示できます。

得意先照会より商品を指定することで、売価・前回単価・キャンペーン単価などをわかりやすくカラフルに表示できます。

Google Maps対応(アプリ対応)

得意先照会からMAP連携する際に「標準のマップ」「Googleマップ」と選択できます。

得意先照会からMAP連携する際に「標準のマップ」「Googleマップ」と選択できます。

現場営業向け機能商品在庫照会

商品コード(2/3)/名称/商品区分(1-5)での検索が可能

商品コード(2/3)/名称/商品区分(1-5)での検索が可能です。

商品毎の総在庫数が一覧で表示されます。

商品毎の総在庫数が一覧で表示されます。

商品毎の総在庫数・標準価格や、倉庫別管理している場合には各倉庫別の在庫確認が可能です。

商品毎の総在庫数・標準価格や、倉庫別管理している場合には各倉庫別の在庫確認が可能です。

各倉庫における在庫の詳細状況の確認も可能

さらに、各倉庫における在庫の詳細状況の確認も可能です。

各商品に登録された原価や売価、期間単価の確認も可能

各商品に登録された原価や売価、期間単価の確認も可能です。

PCAクラウドスマートデバイスオプション ダウンロード

会計モジュール Google playからダウンロード

商魂モジュールAppStoreからダウンロード Google playからダウンロード

※PCAは、ピー・シー・エー株式会社の登録商標です。

※「iPad」、「iPhone」は、Apple Inc.の商標です。「AppStore」は、 Apple Inc.のサービスマークです。

※「Googleマップ」、 「Google Play」、「Google Play」ロゴ、「Android」、「Nexus」、「Gmail」は、Google Inc.の商標または登録商標です。

※「Nexus 7」の画像は http://developer.android.com/distribute/promote/device-art.html より作成されております。

※その他会社名及び製品名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。

※画面表示と印刷帳票のデータ部分は、すべて架空のものです。記載された内容と製品の仕様は改良ため事前の予告なく変更されることがあります。記載内容と実際の製品が異なる場合実際の製品を優先します。

※「Windows XP」のサポートが2014年4月9日で終了しましたので、OS確認情報からも「Windows XP」の項目を削除させて頂きました。

※「Windows Server 2003」のサポートが2015年7月14日で終了しますので、OS確認情報からも「Windows Server 2003」の項目を削除させて頂きました。

トップへ戻る