クラウド、ERP、会計ソフトはPCA。

平成27年3月期(第35期)国際財務報告基準(IFRS)に基づく連結財務諸表の自主適用について

更新日:平成27年6月26日

公開日:平成27年6月26日

ピー・シー・エー株式会社

当社は、平成27年3月期(第35期)の連結財務諸表について、国際財務報告基準(IFRS)を自主適用し、自社ホームページにて開示いたしましたので、お知らせいたします。

当社は会計ソフトの開発及び販売を行っており、IFRSの対応に向けて会計ソフトの開発を行っております。そこで、自社でもIFRS連結財務諸表を作成することにより、会計ソフトでの対応が必要な点を確認し、今後のソフト開発に役立てることを目的としてIFRS連結財務諸表の作成及び自主開示をすることといたしました。

なお、当該連結財務諸表は自主開示目的で作成したものであり、法令等に基づく開示書類については、今後も日本基準に基づき作成いたします。

当該連結財務諸表作成にあたっての前提

  1. 当連結財務諸表の作成方法について

    当該連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以下「連結財務諸表規則」という。)第93条に規定する指定国際会計基準(以下「IFRS」という。)に準拠して作成しておりますが、一部IFRSの基準を簡便的に処理している部分があります。

    また、当該連結財務諸表は、当社グループの試算の連結財務諸表であり、形式的にIFRS第1号「国際財務報告基準の初度適用」を参考に処理していますが、将来の当社グループのIFRSの移行日においてIFRS第1号を本適用いたします。

  2. 監査証明について

    当該連結財務諸表については、当社グループが自主的に作成したものであり、監査は受けておりません。

PDFファイルのご参照には

PDFファイルのご参照には Adobe Reader が必要です。予めインストール後ご参照ください。Adobe、Adobe ロゴ、はAdobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の商標です。

Get Adobe Reader