クラウド、ERP、会計ソフトはPCA。

ごあいさつ

日頃はPCA製品をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

代表取締役社長

(公認会計士)

水谷 学

代表取締役社長 水谷 学

PCAが創業した1980年。当時、会計ソフトは存在したものの、高価なオフィスコンピュータで作動する環境であり、限られた一部の企業だけが導入可能な状況でした。業務をソフトウェアで管理する概念が一般的でなかった時代に、中小企業にも導入可能なパソコン用パッケージソフトウェアの開発を目指して数名の会計士が集まり、生まれたのがPCAです。

新しい技術や時代の変化にアグレッシブに対応し、未だ市場にないものを提供する。PCAの伝統であるパイオニア精神は、まさに創業当時から存在した企業風土だったといえます。

現在、PCAはインターネット経由でのソフトウェアの遠隔利用という「クラウドサービス」を業界に先駆けて開発し、提供しています。データセンターにある共有サーバーにアクセスしてソフトを遠隔利用するクラウドサービスは今後主流になると予測されるサービスであり、圧倒的な低コストと高度なセキュリティが特徴です。このクラウドサービスの分野で、PCAは業界を独走。開拓の精神は、今も健在です。

ソフトウェアを駆使した業務管理により、作業の効率化に加え、経営判断に必要な情報をスピーディーに提供する。「カスタマ・ファースト」の企業理念の下、業務管理ソフトウェアを通じてお客様の社業の発展に貢献することが私たちの使命です。

物を売って完結するのではなく、お客様との長いおつきあいの中で質の高いサービスやサポートを提供するビジネススタイルをより強化すること。次世代製品を時代に提供し続けることで、業界1を目指すこと。従来のパッケージソフトビジネスは既に成熟期に入っていますが、この業界にイノベーションのある限り、PCAはチャレンジを続けます。

2014年12月5日、皆様のご支援のもと、当社は東京証券取引所市場第一部に上場させて頂きました。社会的責任の重さを自覚しつつ、これからも良好な経営基盤、財務基盤を軸に一歩ずつ着実に前進します。

トップへ戻る